読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる物書きのセルフ反省房

ひょんな事から物書きを始めてみた棔いち哉という人が、七転八倒する日々を綴るブログ

謎は時間差で解けた

「子供のころペンギンになりたかった。ペンギンの絵をよく描いてた」

という人をソフトにからかったことがあるのですが、自分も子供のころマンボウになりたいと思ってマンボウをノートのすみっこに描きまくっていたのを今日、マンボウ見ながら唐突に思い出して自責の念に駆られています。

とりあえず謝罪ライン送っておきました。

 

あのまったりふわふわ泳ぎが楽しそうで、マンボウになりたかったんです。

 

f:id:albiziajulibrissin:20170414214434j:plain

マンボウは体の構造上ガラスにぶつかるとよろしくないらしいので、水槽のガラス(アクリル?)の内側にもう一枚ビニールのようなものがはってあって、ぶつかってもぼよんってなるようになっています。

手間がかかるのでマンボウを展示している水族館は意外とない。

ややレアキャラです。

 

人生で一番最初にマンボウを見たのは池袋サンシャイン水族館で、二回目が改装前の江ノ島水族館。

 

この二回目がなかなか衝撃的でした。

吹き抜けのちょっと広いスペースに

 

 

  ↑こういう感じのビニールバッグ素材の巨大円柱水槽(大人の背丈より大きい)があって、その中でマンボウ(まあまあ数いた)がふよふよ泳いでいました。

 

そしてビニールバッグみたいな水槽はちょっとさわることができたのです(多分さわってはいけなかった)

色々衝撃だったのですが、小学校の遠足で流れ作業で見ただけなため詳細を覚えておらず、もう一度見たいと思い立って何年後かに行ったら水槽がなくなっていました。

 

同行者にめっちゃドヤッて水槽の説明をしていたのに、水槽がどこにもない。

 

そこでスタッフさんに聞けばよかったのですが「ないねー」で終わらせて水槽がどうなったのかとか、そもそもそんなものがあったのかも確かめないで帰ってきてしまいました。

 

数年後、バイト先のAさんと遠足の話をしていて、自分がマンボウを目撃したちょっと後に江ノ島水族館に行ったことが判明したので、マンボウの話をしたところ

「いなかったと思う。さすがにそれは忘れない」

とのこと。

 

やっぱり勘違いだったのかなーと首をかしげながら、大人になりました。

 

大人なんで就職とかもしたんですけど、その時に同期のBさんと雑談中に江ノ島の話をしたら「マンボウいたいたー」

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

内心もう大興奮ですよ。

 

「いたっていうか、死んでたのー(忘れもしないアルカイックスマイル)」

「え」

「死体があって、どうぞおさわり下さいってなってた。でもちょっと腐ってた感じあったんだー」

 

つまり

 

わたし(小)、江ノ島水族館でマンボウを見る

マンボウ死ぬ

死後数日の間にBさんが水族館を訪れる

結構数いたはずだがマンボウ全滅?水槽撤去

Aさん水族館いく、当然マンボウいない

数年後

小生意気盛りのわたし、マンボウを見つけられず、やさぐれて屋外展示のペンギンを盗む算段を整えてる途中にアシカに吠えられる。

アシカはわたしにだけ目をひんむいて吠え続けた。

 

※すべてリニューアル前の江ノ島水族館での出来事

 

 

という事だったらしいです。

すごいどうでもいいことなんですけど、真実にたどり着いたときものすごい「やったー!」って感じでした。

同じ感じでコッペパンAの謎も解けたんですがさらにどうでもいい話なので割愛します。

 

それにしてもマンボウの死体は触らせていいものだったのでしょうか。

ゼラチン質らしいのですごい気持ちがよかったからお客さんもぜひ!みたいな感じだったのでしょうか。

死後硬直とかで感触かわる?

 知恵袋とかで聞けば一発なのでしょうが、わかる過程が楽しいので、急ぎじゃない謎はこんなかんじでちまちまいろんなことが判明していくのを人生の楽しみにしていきたいと思ったりしています。

 

よその水族館にいってもアシカに吠えられたことないんだけどねえなんで?なんであんなに吠えたの?ジャンプまでして柵にガンガン当たって吠え掛かってきてどうして?

これはもう一生わからないんでしょうねえ……おそらくそのアシカもういないでしょうし

 

現在の江ノ島水族館には、マンボウがいます。

展示はサンシャインと同じく水槽の内側にビニールがはってある仕様でした。

ちがうんですあの水槽をもういちどぼよぼよしたいんです(そっちかよ)

 

----おまけ----- 

 

リニューアル後のサンシャイン水族館に今日初めて行ったのですが、レイアウトなどがかなり凝っていて、たいへん見ごたえがありました。

見せる、に重点を置いている感じ。

もうちょっと家から近かったら年パスを買って通いたいー。

池袋はちょいと遠い。 

f:id:albiziajulibrissin:20170414214456j:plain

↑毒のあるかえる。

 

f:id:albiziajulibrissin:20170414214534j:plain

 

f:id:albiziajulibrissin:20170414214517j:plain

↑小さめのエイがいっぱいいて、エイ好きなのでたまらなかったです。

宝くじ当たったら峰竜太んちの玄関先みたいな水槽を作ってエイを飼いたいんです…個体名ははんぺんがいい。

f:id:albiziajulibrissin:20170414214545j:plain

名前がひたすら格好いいウィーディーシードラゴン。

声に出して読みたい日本語(?)ウィーディーシードラゴン。

タツノオトシゴは形から泳ぎ方から生き物として意味がわからなくて好きです。

 

いやあ、水族館って、本当にいいものですね。

そんなかんじで今週はこの辺で

さよなら、さよなら、さよなら(゚∀゚)ノシ☆