ゆるゆる物書きのセルフ反省房

ひょんな事から物書きを始めてみた棔いち哉という人が、七転八倒する日々を綴るブログ

てろてろと飯テロ

所用があり北海道に行ってきましたー。

 

用事を済ませつつもなんだかんだ観光も出来てしまってお得な旅で、道の駅にも結構寄れてしまったのですが、そこで当然野菜の直売が我々を待ち受けている訳ですよ……

 

でもだめ、疲労してる、帰ってそれ調理できるの!?できないでしょ!

と、心の中で天使と悪魔を戦わせて(使い古された表現ですいません)

 

5kg700円の大玉玉ねぎちゃんと

一玉150円のキャベツちゃんと(隣の人が「150円高ッ!」と、言ってるのを聞いて衝撃を受けました。家の周りは158円が最安値なんで)

一玉350円のぼっちゃんかぼちゃとかをあきらめ

 

さ、身軽に飛行機乗ろう!手荷物なしで!とか思っていたのですが、そうは問屋が卸さない!いいえ問屋は何も悪くありません。誘惑に負けた私が悪いのです。

5本で600円のとうもろこしを見つけてしまったのです。

 

こんなペンネームつけといてそういえば恥ずかしいのですがわたし、とうもろこし本当、好きでして。

曾祖母が家の畑で作っていたのを食べたのが最初の記憶なのですが、よく考えると家の畑はつぶして駐車場にするくらいの広さしかないのでこの記憶大変にあやしいのです。

ステップワゴン一台分の畑でとうもろこしって作れるのだろうか。

しかし確かにその畑に背丈の高い草が生えていたことは覚えていて、そんな作物はとうもろこししか思い当たらないが曾祖母もうだいぶ前にアンダーザ墓なので、真相はやぶの中であります。

 

住宅街で畑があるとか、ご近所的には迷惑だったんじゃないだろうかと今更胃が痛くなってまいりました。この件は掘り下げずに本題に戻りたいと思います。

 

ふつうのとうもろこしだったら素通りだったのですが「朝採れ」と書いてありまして。とうもろこしは収穫直後が一番おいしいという話を聞いたことがあるので試さずにいらいでか!とかってしまいました。

重かったです。

日付がかわらないうちに食べなくては!という謎の使命感から、帰宅後速攻とうもりこしひんむいてやりました。

剥いてまず、粒がパリッとしていて驚きでした。普段のとうもろこしよりみずみずしい。

元気いっぱいの10代の肌のようでした。スーパーで売ってるやつは20代半ば、美容部員、みたいな。

 

f:id:albiziajulibrissin:20160925224813p:plain

 

まぶしすぎる。反比例してコンロ汚くてすいません。


f:id:albiziajulibrissin:20160925224325j:image

蒸気が逃げにくい鍋なのでお水100ccくらい入れて沸騰したら蓋してそこから10分蒸して20分放置。

 

で、実食したんですが、なめてました。

超絶おいしかったです。

甘い物食べると舌の根元と喉の間がうわうわすると思うんですが、それが起きました。

 

コーンの缶詰より甘かった。恐ろしい。

 

ウトナイ沼の売店で売っていて、恵味ゴールドという品種だったと思います。

 

いいなー北海道の人はあのトウモロコシ食べ放題なんですね……

うらやましい……

 

真剣に移住を考える場所です。好きです北海道