読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる物書きのセルフ反省房

ひょんな事から物書きを始めてみた棔いち哉という人が、七転八倒する日々を綴るブログ

ひとり反省会②/さらば2016年度ノベル大賞

自作について

2016年度、集英社ノベル大賞受賞作が発表されましたねえ。

受賞作おおー。おおー(語彙力とかないアホの子ですいません)

orangebunko.shueisha.co.jp

 

 

試し読みを早速拝読しましたが(半分って太っ腹だな……)ここからどう広がるんだろう。

勢いと一人称の語り口が大変好みです。

仕事に真摯に向き合う人は本当に素敵です。読了後背筋の伸びる系の話だーきっとこれ多分。

発売が楽しみです。

 

新人さんに限らないですが、その作家さんの文章に初めて触れる時は大変にどきどきします。

文章中に漢字と平仮名と片仮名しかないのに、こうも違うか!と、いつも驚かされます。

熱に浮かされて一気に持ってかれたり、静かに静かを重ねて耳が痛くなるような文章とか、格好良すぎて思わず声出ちゃったり。

この書き方なんでこうなんだろうと疑問に思っていて、ある日それが突然わかったり。

この人には世界がどんなふうに見えているのだろうか、と作者さんの事が気になってしょうがなくなったり。

 

受け取り側に居てリアクションが大きくなるのは、あらゆるコンテンツの中で小説が一番多いです。私の場合。

 

いつかそういう、どなたかを楽しませるものを書いてみたいなあと思うのですが、なかなかうまくいきません。

精進します……

そういう訳で反省会、スタートでありまーす。

 

話を何本か書いてみてわかったのですが、緻密な構成、大どんでん返し、衝撃のラストとかを思いつく頭がないんですよね……。

 

致命的じゃん……!

 

ですので、上を目指すよりそれぞれあまり他の応募者が狙ってこないマニアックな所で一番とって、記録よりも読んだ人の記憶に残る感じでいこーう。これくらいやっても怒られないのかな?という探り系で、テイストの違う長編を三本送りました。

その結果が

 

【私記織々と】(連作短編394枚/現代恋愛)                          

→三次選考通過

 

【漆番街は今宵も平穏なり、オーバー】(長編333枚/ローファン?) 

  →二次選考通過

 

【銀河の彼方でとらばーゆ】(長編398枚/SFラブコメ)  

 →二次選考通過

 

でした。

書き上げた時から随分経って冷静になっているので、何がいけないか自分でもある程度分かっているしむしろよく健闘したなという結果なのですが、駄目だったかーという落胆はやっぱり、あります。

この自意識いらないのになくなってくれません……。

 

一番ないだろう、と思った話が三次まで通ったのにも衝撃を受けています。

 

もう二本の方がつたないながらもエンタメをかなり意識して書いて、書いてる方も楽しくてしょうがない話だったので、もし通るならそっちだと思っていたのです。

全部ダメなほうがまだ納得できたというか……

期待が外れたからというよりは、伝えることの難しさと、自分と受け手側の感覚のズレを目の当りにして落ち込んでおります。

 

勝手に楽しいだけで、読んでくれた方をおいてけぼりにしてしまったのだろうかと。

 

うじうじしたので通りがかったJUMPSHOPで青葉城西のTシャツでも買ってやんよ!欲しかったし!

と乗り込んだら売ってませんでした。取り扱いがないようです。

あればいいのに。

あればいいのに。

大事な事なのでもう一回いますが、あればいいのに。

 

ユニフォームは青葉が好きですが、1番好きなのは大地さんです……

 

大地さんと女バレの部長がどうやってこれから距離詰めるのかたまに妄想します。

どっちか東京に進学して離れ離れになる気がするんですよね。

赤葦も好きです。

 

あー。

 

 

清竜人25とUSGの新譜聞いてまた頑張ろう……

いいタイミングででてくれましたよ。ひっぱりあげられます。愛してやまない。田淵さんほんとすこ。

 

今こんなですけど、今ようやく一年が終わったな、って感じがします。

 

今年は2年ほったらかしだった話をとりあえずの地点まで着地させながら、エンタメとは何かについて自問自答して行こうと思います。

 

評価シート怖いような楽しみなような。

手ぐすね引いて待ってまーす。

( ゚∀゚)o彡゚シート!シート!

 

個々の作品の反省は、評価シートが届いてから、体裁を整えて加筆して、ネットに放流できるようになった時に……と……思っていたのですが……

 

ちょうどそういう時期なので7/31から【私記織々と】を放流しようと思います。

そう、丁度そういう時期の話なんです。

お時間がありましたら、覗いてやって下さい。