ゆるゆる物書きのセルフ反省房

ひょんな事から物書きを始めてみた棔いち哉という人が、七転八倒する日々を綴るブログ

絵空がたごと

夢を見るのが結構好きなほうです。

 

この場合の見てる夢は「……だって俺は海賊の息子だから!」的なやつじゃなくて、寝ている間に頭の中で自動再生されるやつです。

大人になると

「ヤソップてめーよお、ちゃんと何か経由でベリーをロンダリングして生活費振り込んでたんだろうなあオイコラよう」

とか思ったりしちゃうんですが、本当汚れてしまったな自分、って思う事が多いです。

 

そんな汚れにまみれちまった悲しい私でも夢とか見るんですが、定期的にくりかえし見る夢というのがありまして。

関係あるのかないのか、投稿を始めるようになってから見るようになった夢です。

 

といっても特にドラマティックなことがある訳ではなく、ただ電車に乗っているだけという。

 

朝、その路線の列車に乗って、最初のターミナル駅で降車。

ここで待つと支線から来る別の特急に余裕で座れるのです。

乗り込んで、よかったねーとか言いながらがたごとしているといつの間にか昼を過ぎていて、かやぶき屋根なんかある田園の駅に到着します。

 

窓をぼーっと眺めていると、若者がウェイウェイな雰囲気で走ってきて、改札(しかし無人)から入らないで、駅近くの踏切から線路に侵入し、そのまま走って向かいのホームに登るというウェイな行為を行い、丁度到着した下り列車に乗り込んでいきます。

 

「あー、あっちに大学あるからそこの学生でしょ」

「自由だなー」

「清算どうしてるんだろうね」

「確かに」

 

彼らを眺めながら会話をしているといつの間にか森の中の高架駅で降車している。

 

霧立ち込める謎の駅。

特急に乗って降りたはずなのに、この駅は特急列車が止まらない。

鈍行が来るまでに時間があるので待合室でぼーっとしようとぼーっとしていると、高校生がわらわらやってくる。近くに学校があるらしい。全員同じ部活っぽい。

カサカサの食パンを買ったばかりの食パン袋に投入するとちょっともちもちになるみたいに、オセロみたいに、高校生に埋没しとけばわたしも高校生にならないかなーとかしょうもないことを考えながら、部活についての話に聞き耳を立てる。

 

そこから一気に終点の駅についている。

用事がもう済んでまた電車に乗ろうと、改札からホームに入り、目的の路線はこのホーム中ごろの階段を昇ったところにある通路からでないとたどり着けないので、階段を黙々と昇りながら

 

そういえばこの先の店の店長さんになったんだった、〇〇さん(実在するし実際に駅で店長さんクラスのお仕事をしている)

 

という事を思いだし、その人に会いに行くが残念ながらお休み。

何度この夢を見ても〇〇さんには会えない。

帰りの列車に乗り込む(しかしなぜか路面電車)という夢である。

 

自分の記憶の中にあって、夢のベースになったものはポイントポイントでなんとなくわかるのだが、それにしてもなぜそのアレンジになるのか、なんでその展開になるのか、というのがとても謎な夢である。

フロイトさんに分析してもらいたいけど、幸〇の科学に頼めばいいのだろうか。

 

なんの面白みもないけど、あの路線は居心地がいいのでまた乗りたい。

特にしんと静まった霧のなかの待合室がとても居心地がいい。

しかし最近ご無沙汰なのです。

 

見たいです。頑張って、脳みそ頑張って。

 

と自分にお願いするための記事です、久々なのになんかすいません。

周知心が疼いて

引き続き北海道ネタです。

お土産にハズレなしと言われる北海道。

個人的にはもうちょっとフィーチャーされていいんじゃないかなーそうすると北海道物産展で買えるようになるんじゃないかなーとかそんなよこしまな思惑でアタリ土産を紹介してみたりらじばんだり。

右から順番にいきますよー。


f:id:albiziajulibrissin:20160927092214j:image

 

右二つはおなじみCalbeeの北海道限定商品です。

Calbeeといえばじゃがポックルがメジャーなんですけど、そのほかもいい仕事してますよっていう感じで(じゃがポックル食べたくなったらジャガビーでなんとなく代用できてしまいますし……やっぱりじゃがポックルの方がおいしいけど)

 

①とろっとチーズ味のカリカリポテト/Calbee

ピザポテトがお好きな方はたまらないんじゃないでしょうか。

味こそピザ味ではありませんが、あれにのっているチーズ感ましましで更にチーズそのものもおいしい。

チーズが乗っているポテトもオーザックの上位互換で、ザクザク歯触りがたのしい上に、チーズのおいしさに芋が負けない味をしています。

一点あたりの単価が高いからおいしいのは当たり前なんですが、この、北海道Calbeeお土産シリーズの芋のおいしさの理由はなんなのか大変に気になります。

 

高級な芋なの……?

 

シルシルミシルが復活したらぜひ突き止めてほしいと思います。

 

②いも子とこぶ太郎/Calbee

ホタテ風味の堅揚ポテトと乾燥昆布が一袋に収まっており、内容量は①と一緒の15gなのですが弾数が多いのでしばらくポリポリ楽しめていっぱい食べた気になれるお品物です。

だしっぽい旨味がたまりません。

お酒一杯飲むときのつまみにちょうどいいサイズです。

地味にうまい。本当、地味にうまいという表現がこんなに合うお土産はなかなかない気がします。地味にうまい。

 

③ノースマン/千秋庵

左上の丸いやつです。

北海道以外でもわりといろんなところで見るあんこ入りパイですが、自分の中ではあんこ入りパイ部門全国第一位です。

小豆と言えば北海道、の北海道で作られているあんこですもの。そりゃおいしい。

こしあんで、甘さはやや抑えめ、パイもバターをしっかり使っているもののそこまでしつこくない。調和のとれた一品です。

かぼちゃあんバージョンもほっくり甘くておいしいです。

 

千秋庵はノースマンのほかもパッケージがレトロかわいくて地味においしくて本当大好きなんですが、そんなにいっぱい食べられないのでいつも千歳空港のお店でハアハアして断念してノースマンだけ買って帰ります。

関東では有楽町のどさんこプラザでばら売りしているのしか見たことがないノースマン。

ばら売りを「あったー、よかったねー」と言いながらごそっと買って周りの人を「なにそれそんなおいしいの?」という気持ちにさせて地味に周知活動しています。

一個180円だからお土産で配るにはちょっと高級な部類なんですよね。おいしいけど。

予定はありませんが今度北海道行くときは千秋庵の本店でソフトクリーム食べたい……絶対……

 

④札幌農學校ミルククッキー/きのとや

画像左下。

北海道ではコージーコーナーよりも不二家よりもメジャーなケーキ屋さん(らしい)、きのとやのクッキーです。

配る系土産の定番は白い恋人だと思うのですが、それより一枚あたり20円くらいお安いのでお財布に優しい。

白い恋人ラングドシャ+チョコで札幌農學校はほろほろ系クッキーなので味で比べるのはおかしいので、他の県のお土産クッキーと比べたいと思いますがダントツでおいしいです。

バターをちゃんと使っていて、ミルク強めの風味に甘さ控えめ。

砂糖が原材料名の6番目(※原材料名欄は使っている量が多い順に記載される)にあるお菓子を初めて見た気がします。

甘いのが大好きな方には物足りないのやもしれませんが個人的にはこれくらいでじゅうぶんです。

これは結構物産展で買えた気が。

 きのとやのケーキも今度こそ食べたい……!

 

すいません、なんか食いしんぼのブログみたいになってしまってすいません。そんなお土産もの雑談。

 

 

てろてろと飯テロ

所用があり北海道に行ってきましたー。

 

用事を済ませつつもなんだかんだ観光も出来てしまってお得な旅で、道の駅にも結構寄れてしまったのですが、そこで当然野菜の直売が我々を待ち受けている訳ですよ……

 

でもだめ、疲労してる、帰ってそれ調理できるの!?できないでしょ!

と、心の中で天使と悪魔を戦わせて(使い古された表現ですいません)

 

5kg700円の大玉玉ねぎちゃんと

一玉150円のキャベツちゃんと(隣の人が「150円高ッ!」と、言ってるのを聞いて衝撃を受けました。家の周りは158円が最安値なんで)

一玉350円のぼっちゃんかぼちゃとかをあきらめ

 

さ、身軽に飛行機乗ろう!手荷物なしで!とか思っていたのですが、そうは問屋が卸さない!いいえ問屋は何も悪くありません。誘惑に負けた私が悪いのです。

5本で600円のとうもろこしを見つけてしまったのです。

 

こんなペンネームつけといてそういえば恥ずかしいのですがわたし、とうもろこし本当、好きでして。

曾祖母が家の畑で作っていたのを食べたのが最初の記憶なのですが、よく考えると家の畑はつぶして駐車場にするくらいの広さしかないのでこの記憶大変にあやしいのです。

ステップワゴン一台分の畑でとうもろこしって作れるのだろうか。

しかし確かにその畑に背丈の高い草が生えていたことは覚えていて、そんな作物はとうもろこししか思い当たらないが曾祖母もうだいぶ前にアンダーザ墓なので、真相はやぶの中であります。

 

住宅街で畑があるとか、ご近所的には迷惑だったんじゃないだろうかと今更胃が痛くなってまいりました。この件は掘り下げずに本題に戻りたいと思います。

 

ふつうのとうもろこしだったら素通りだったのですが「朝採れ」と書いてありまして。とうもろこしは収穫直後が一番おいしいという話を聞いたことがあるので試さずにいらいでか!とかってしまいました。

重かったです。

日付がかわらないうちに食べなくては!という謎の使命感から、帰宅後速攻とうもりこしひんむいてやりました。

剥いてまず、粒がパリッとしていて驚きでした。普段のとうもろこしよりみずみずしい。

元気いっぱいの10代の肌のようでした。スーパーで売ってるやつは20代半ば、美容部員、みたいな。

 

f:id:albiziajulibrissin:20160925224813p:plain

 

まぶしすぎる。反比例してコンロ汚くてすいません。


f:id:albiziajulibrissin:20160925224325j:image

蒸気が逃げにくい鍋なのでお水100ccくらい入れて沸騰したら蓋してそこから10分蒸して20分放置。

 

で、実食したんですが、なめてました。

超絶おいしかったです。

甘い物食べると舌の根元と喉の間がうわうわすると思うんですが、それが起きました。

 

コーンの缶詰より甘かった。恐ろしい。

 

ウトナイ沼の売店で売っていて、恵味ゴールドという品種だったと思います。

 

いいなー北海道の人はあのトウモロコシ食べ放題なんですね……

うらやましい……

 

真剣に移住を考える場所です。好きです北海道

いつかきっと勝田文に萌え殺されてしまう

そう遠くない未来、表題通りになりそうなので息のあるうちに思い当たる死因(?)のいくつかを書いておこうと思うのです。 

最新刊を読んでテンション上がりすぎちゃって

 

好きなものはがっつり面陳展開したい!

 

という、書店員はほぼ全員が罹患する病気に例外無く感染し、もう書店員じゃなくなって結構経つのにまだ完治してない私は自宅の本棚で面陳してやりましたよヒャッハー!(全巻入りきらんかった)

 

f:id:albiziajulibrissin:20160827083134j:image

鼻血出そう!この遊びすっごい楽しいです!おすすめです!

 

そんな、興奮冷めやらぬ変な文章のまま死因を上げて行こうと思います。

 

勝田文さんの絵は、でらかわいい。

画像でもう伝わったんで説明いらないと思うのですが、あえて言わせてくださいかわいいです。でらかわいいです。

初めて勝田さんのコミックスを見たのは「あのこにもらった音楽」だったのですが、店頭で変な声出ましたとも。

個人的にまつ毛の書き方がものすごい好きです。あのまつ毛本当好き。

あと、漫画特有の服の布感(勝手に漫画布と呼んでいる)が強くて、あと線もどこか丸っとしててかわいい。

ご趣味なのかレトロなお洋服とか着物がよく出てきて、ハアハアします。

 

漫画という形をとっているものの、一枚絵のイラストっぽさが強いのも魅力です。

主人公達の動きを連写していって場面場面で一番いい一枚にとびきりキュートなデフォルメかけて並べたものが結果的に漫画に見える感じ、と言いますか。

ちくたくぼんぼんのラジオ回とサーカス回は読まなくても反芻してきゅん出来る。もうほんとういつもながらすてき。

 

 ほら!かわいすぎて毎度へんな声出る!

 

②設定がキラキラもりもりって訳じゃないのにクッソキュンキュンさせらるる!

勝田さんが活躍なさっているのは女性向け漫画のジャンルです。

女性向けの漫画ってなんか

モデルとか、エリート会社員とか、芸能界とか、そういう華やかなシチュエーションもりもりの話が多いですけど(それはそれで好きです)

勝田さんのお話の舞台は銭湯だったりお豆腐屋さんだったりお寿司屋さんだったり地味めの旅館だったり鍼灸院だったり、ちょっとこじんまりが多いです。

こじんまりだけど、その場所にある「あ、すてき」が増幅されるような描き方をなさってて、更にそこにきかせる小物が素晴らしいのですよ。

離れの和室にグランドピアノとか、インドの王子様と蓮とか、トランぺッターとすいかとか、一見ミスマッチと思われそうなものがきちんとおさまってひとつの世界になっている所がたまらぬ。

新旧ミニにエクスリブリス、旧ビートル、ドライブインシアター、タケシのモッズコート姿にもうなんか小物ほんととにかく小物のチョイスで萌え死ぬ。

多分昔のクウネルがなんとなく好きな人は勝田さんのお話好きだと思うんですがどうなんだろう。

 

こじんまりだから話の展開はほっこりかと思いきや、涸れかけの我が乙女心に化粧水一本注入し丁寧に美容液塗ってくれた上でぷりぷりになった乙女心をところてん押し出すあれに入れられてギューンとされるようなキューン展開ありで……罪深い!モノローグもいつも罪深い!

さらっとがっつり乙女チックなんですよ。もう本当くせになる。

 

③駄目そうで駄目じゃない少し駄目な男性キャラ

男の夢が自分に従順で盲目的に愛してくれる美少女を手に入れる事ならば、女の夢はちょっと駄目な男を放し飼いにして見守ることだと思うんですよね…異論は認めます。

世界は広いので(`・ω・´)キリッ

 

でもその駄目男はヒモとかではなくて。引くほどの甘えんぼでもなくて。マザコンでもないし下半身が超絶だらしないとかでもない。

性病にかかった話を武勇伝の様に話す男とかいるらしいですけどニコニコ話聞きながら女子は「うわあいつの触ってるジョッキ性病かかったやべー」とか思ってるらしいので気を付けろ男子。

靴下を裏返しにして洗濯機に入れる男には入れた瞬間にイタズラガム程度の電流が身体に流れる仕組みを作ったらいいのに誰か。

 

……なんか、お母さんがベンチに座って微笑んで見守っていられる程度の、やんちゃだけどかしこくて聞き分けのいい就学前の男児程度の、実際はちょっとありえない、そんな愛される駄目を求めている訳なんです。

 

が、女子の許せる駄目の範囲に対して男子が許されると思っている駄目の範囲が広くて明後日な方向だから、うまく需要と供給は成り立たないんだろうな……これが男と女の間にある深くて長い溝とか思っちゃうんですがあれ何の話だっけそうそう戻る戻る。

パッと今思い浮かんだ三次元にいるちょい駄目男子はよゐこの濱口さんと桐谷健太さんですね。

ちょっとおバカがロマンチック方面に振り切れてるエピソード最高におかわいい。

 

その、勝田さんのお話はちょっとほどよく駄目な男の人の登場率が多いんです。

現実ではめったにお目にかかれない絶妙なちょい残念男子。もう本当に素晴らしい。

お書きになる男子がことごとく素晴らしい。大事なことなので何度でも言いますがマジ素晴らしい。

 

作中のキャーキャーさせられるドツボ男子含有率が谷川史子さんと同じくらいで私の中では双璧であります。

谷川さんはほんわかきちんと自分で自分のシャツのアイロンかけてくれそう、もしくは洗いざらしでもしゃんとおしゃれに見えるシャツを選んで買ってこれて筑前煮くらいは作れそう系男子でまたこう……(止まらないので省略)

勝田さんの作品で好きな男子三人上げろって言われたら

 

「あのこにもらった音楽」の蔵之介

「かわたれの街」の穂波くん

「ちくたくぼんぼん」の都一

 

だったんですけど、今ぐんぐん最新作「マリーマリーマリー」の森田さんがきています。

森田さんはあんまり駄目じゃないのですが、むしろひたすら格好いいのですが、個人的に格好いい系男子はそんなにこないのに、なぜかきゅんとさせられてしまうという恐ろしい男森田さん。

一巻の指輪の話とか完敗ですよ_(:3 」∠ )_。人生の大きな大きな岐路に立つときの話ですもんね。あ、それで!?ええ!?

そういうこと!?

 

しかしこの二次元の男子萌え現象ってなんなんだろう。

別に少女漫画読んでいてヒロインになり替わりたいとは思わないんですよね。

幸せなカップルがそこにいるのをみるとほっこりするという不思議現象。

子犬が大量にじゃれあってるとかわいいとかそういうものなんでしょうか。

 

女子キャラも繊細ですてきな感性を持ったかわいい子ばっかりなのですが、うじうじぐじぐじせずに基本さっぱりしているので安心して読めるんですよね。 

かわいい女子とかわいい男子が戯れているとかわいい、眺めていたいという、コレクションコンプリート欲的な感情なのでしょうか。

違う話になるのでもうそろそろまた締まらない感じに締めたいと思います。

 

ああ、5巻が待ち遠しいです。はい。

人と共有しようとしても高確率で下ごしらえから始めなくてはいけなくてめんどうくさいのでここに願望を書き散らかす

サラ―ムー。こーんにーちはー。

TDRに行きたいけど、時間とかお金とか体力の問題で行けないときはTDRのキャストさんごっこをして気を紛らわす棔でーす。

アラビアンコーストのあいさつが独特で、いまだにうまくできません。

 

ストームライダーロスを未だに引きずっています……ストームディフューザーの説明聞くの大好きでして……。

マゼランズで地球儀眺めながらぼーっとしてフォートレス散歩して無駄にあの自転車漕いで海底2万マイルでカチカチやって、センターオブジアースのあの人見るとFFの映画版見たくなるけどたるいから見たくないよねって話を餃子食べビール飲みながらして、黒コショウポップコーンを2回くらい買ってビール飲んでロストリバーデルタインディージョーンズの飛行機見てにやにやしてファンカストさんにキャーキャーしてテディ・ルーズベルトラウンジでお酒飲んでまったりしたい!

のーんびり散歩はTDSに限ると思います。エレクトリックレールウェイ乗り鉄たのしいれす。

SSコロンビア・ダイニングルームはブラウンのスタインウェイが置いてあって、もうその絵面だけでごちそうさまですって感じが良い。

 

ああでもグレートアメリカン・ワッフルカンパニーとカフェ・オーリンズでそれぞれ製造されるワッフルとクレープを延々眺めているのも好き。

手際が素晴らしい。

たまにすれ違うクラブ33のお姉さんの衣裳の素敵さにどきどきしたい。

ダイヤモンドホースシューもいいっす。ミニスカ万歳マジ万歳。

ギャグファクトリーをずっとぶらぶらしていたい。

 

行きたい……私を千葉へ連れてって!

 

って、熱く語るとひかれるのでおとなしくしています。

ガチのDヲタの人と語るには知識量が足りなくて向こうに不快な思いをさせてしまいそうで寄っていけない。

中途半端なオタク……大体においてそう……

 

なんでこんなにディズニー行きたいってツムツムやってるからでした

ロジャーラビットの判事のツムがあったらスキル発動するとディップびゃーなって、ツムが悲鳴あげながら消えてったら恐ろしくもかわいいのにって思ったからでした。

ロジャーラビットのカートゥスピン大好きって言う人で、原作を観たことのない人の多さはなんなのか。あんなにおもしろいのに。

 

テレ東のお昼のロードショウでやればいいのに。

それを実況するヒラコー先生のツイートとかみたいのに。

ドリフターズ始まるからかわりとヒラコ―先生最近おしゃべりで毎日癒されております。ほんとうヒラコ―先生かわいい。

 

そんな、ガチヲタの人から見るとにわかだけど、普通の人から見るとなんかオタクっぽい、行き場のない生きづらいヲタっぽいひとのなんか書き散らかしてすいません。

 

中途半端なオタクコミュとかあるんですかね……入団したい。

周りにはいない……。

すごく適当な記事2

トップを自語りにしておくのが恥ずかしいので、なんかないかなと思いながらなんもないけどなんか書かねば、と、思い立ったわけですが本当にない。

 

ポケGOをダウンロードするもタブレットでやってるので画面丸見えで恥ずかしくなってしまいましたし、まだ身体がなんとか元気なうちにフェスに行ってみたいと思うも自由な時間がなく、梨のガリガリ君を大量に備蓄してみたものの、噛むのがめんどうで一向に減らず、ノベル大賞の評価シート来てないかなとワンクリックごとに狸が死ぬ勢いでメールボックスカチカチカチカチカチカチするもお盆だから来るわけもなく、今日は冷房つけないぞと思いながら誘惑に負けてダイキンさんに「もうどうにでもして!」と縋りつくというテイルズオブ自堕落な夏を過ごしています。

フィールドを移動しないRPGというキャッチコピーをつけられてもぐうの音も出ない。

むしろぐうと寝る(もはや意味不明)

 

なんか頑張ったかな……

 

8月序盤に出た某新刊コミックスを見て「杉田ァァァァァァァ!(※ネタバレ対策)」って落ち込まされて

 

アクティブレイド全編にただようおっさんホイホイ感に見事にやられ(デカレン分紛れ込ますのやめて!もっと!)中川幸太郎さん本当好きとうわごとの様にくりかえしたり

 

TOZの次回予告が我が家ホイホイすぎてどうしてufotableって原作ファンの心をくすぐるのがこんなにうまいのかという事について家族と熱く語り

 

最近夏、子供向けアニメやらないよね。

毎年スラダン再放送が陵南との練習試合とかで終わるんだよね。

という話からどのキャラが好きかって話になり(最終的に水戸がイケメンすぎるって結論に落ち着いて湘北の夏合宿中にバスケ部のいない体育館で水戸がシュート練する話がはじまりエンドレスラダントーク…)

 

5人いる姪っ子(全員かわいいから来年あたり揃ってプリキュアにスカウトされると思う)に囲まれてうはうはハーレムデ―をがんばり

 

SMAPのメンバーはやけになって飲食店オープンとかさせて失敗とかしないでほしいなとすごく心配したりもしている。

中居くんはレギュラーあるし稲垣メンバーはしっかりしてそうな同居人みたいのがいるらしいからいいけど香取と草彅が心配でしょうがない。

落ち着け。堅実に行け。今よって来て商売の話もちかけるやつはあんまり信用しない方がいいと思う。

 

竹ノ塚歌劇団とサンキューゴロ―が死ぬほど好きでした。

ありがとうSMAP

 

あ、意外と夏エンジョイ勢な気がしてきた。

 

書かなきゃいけない原稿を書くために頑張るます。

ハイファンを書いているのですが、書かなきゃいけない外の話ばっかり膨らんで、本編が進まないが締め切り迫っているので頑張りまする。

ひとり反省会③/私記織々と

丁度連載が三分の一くらい終わったので、宣伝がてら。

長編四本目です。

2016年度集英社ノベル大賞三次通過作。
 
同時に三本応募して、これは一次まず通らないだろうなと覚悟していたので、正直驚いています。
 
素人ながら話のテンポとか構成にこだわりのようなものがあって、それを優先した結果
 
サラダバー付きハンバーグセット、ハンバーグ三分の二くらいない。
 
状態の話になっておりまして。
三分の二で何があったのかはフワッと解ってもらえるようにしてあるんですが、フワッと過ぎて。元になった短編は選外ですし……
しかもサッドエンドです。
 
引っ張り上げてもらえた理由はおそらく構成が邪道だったのと(またかよなんですけど)、ずーっと淡々と話が進んでいっての、後ろから二番目の話【La Chanson De L'adieu】が、印象に残ったのかなー……という……。
きれいに静かに終わらせるつもりだったのですが、章題でもあり話の中に出てくる曲にひっぱられて、ひとひねくれしてしまいました。
 
(2016/9/14追記:理由は構成が邪道以外は全く的外れでした。恥ずかしいのですがこの一文を急に消すとなんかダサいので恥の証をここに残します。笑ってください……!)
 
選考通過時の本文にもう一遍【七分の六くらいは純情で構成される片思い】をプラスして、一本の話とさせて頂きます。
この話についてここに書きすぎるのはよろしくないので、本編投稿終了後に、欠けた三分の二を補完する様な話をぽつぽつ上げていきたいと思っています。
 
 
選外を覚悟はしていましたが、もちろん愛着はありますので、どなたかに気に入って頂けたらいいなー、とか、思っております。
 
変わらない平凡な日常が自分以外の存在によってほんの少しだけ、揺らぐ。
 
そんな瞬間を切り取ったものを目指して書きました。